【第二子誕生】井上尚弥の子供の名前はあきは!よだれかけが話題!

歴代最強ボクサーと名高い井上尚弥さん。

実はとっても可愛いお子さんがいらっしゃいます。

名前は明波(あきは)君。

しかも、第二子女児も誕生しました。

この記事では、井上尚弥さんの子供や話題になったよだれかけについてまとめました。

井上尚弥の子供の名前はあきは君

井上尚弥さんの第一子は元気な男の子。

2017年10月5日生まれで、名前は明波(あきは)君です。

2018年10月のWBSS初戦で勝利した際、リング上であきは君を初披露しました。

出典:インスタグラム

こちらは、あきは君がパパ顔負けのスパーリングの様子。

将来は父親の背中を追って、ボクサーの道を歩くかもしれませんね。

【井上尚弥の子供】あきは君のよだれかけが話題

2019年11月7日WBSS決勝のドネア戦に勝利した井上尚弥さん。

リングを降りて、あきは君を抱っこした映像が話題に。

あきは君のよだれかけが「ダウンタウンの浜田雅功」さんのイラストが描かれたよだれかけだったのです。

浜ちゃんのよだれかけ

このよだれかけ、番組中に浜ちゃんからプレゼントされたもの。

浜ちゃんからよだれかけを受け取った井上尚弥さんは、「試合後に絶対つけます!」とかなり気に入っている様子でした。

 

実際にはあきは君がつけたわけですが、浜ちゃんのイラストがインパクト大のよだれかけ、似合ってますね。

よだれかけに”MONSTER HAMADA”の文字

こちらが、実際にリングから降りて「浜ちゃんのよだれかけ」をつけたあきは君を抱っこしているときの画像。

よだれかけをよく見てみると、『MONSTER HAMADA』と書かれているのが見えますでしょうか。

この文字、よだれかけをもらった時は書かれていなかったので井上尚弥さんの奥様が付け足したのでしょうね。

出典:ツイッター

井上尚弥さんと浜ちゃんは日ごろから仲がよいそうで、焼き肉を奢ってもらったりしてるそうですよ。

よだれかけの文字と言い、井上尚弥さんの浜ちゃんリスペクトが感じられますね。

Leeのよだれかけ

実は、あきは君のよだれかけが注目されたのは「浜ちゃんのよだれかけ」だけではありません。

こちらのおしゃれな「Leeのよだれかけ」も注目を浴びました。

 

井上尚弥の子供は第二子女児も誕生

出典:インスタグラム

そして、2019年12月9日に第二子の女の子が誕生しました。

おめでとうございます!

以下ご本人のコメント。

ご報告です。
12月9日に第ニ子が産まれました!
元気な女の子で母子ともに健康です!
長男の時は立ち会えなかったけど、今回はしっかり立ち会う事が出来ました!

感激。。 明波もすっかりお兄ちゃんになった?気がします(笑)

そして戦うべき理由と守るべきものがまた一つ増え、より一層身が引き締まる思いです。

2019年は本当に充実した年になりました!
来年はチャンピオンとしても、1人の父親としてもまだまだ精進していきます!

あきは君も妹をしっかり抱っこして、お兄ちゃんですね。

新生児なのでふにゃふにゃでかわいいです。

お顔がしっかり乗っている画像もありました。

ちなみに長女のお名前は公表されていませんでした。

井上尚弥は子供を溺愛

井上尚弥さんはあきは君の事を「天使」と呼ぶほどメロメロな様子。

強さの秘訣に、子供の存在が大きくかかわっていることは間違いありませんね。

ドネア戦を終えたインタビューでも以下のように語っています。

激闘の裏で家族の支えがおおきかったという。「9回のピンチを乗り越えられたのは、息子(2歳の明波君)の存在が大きい。バチンと効いて、息子の顔が一瞬よぎった。初めてですね。やっぱり家族の存在がボクシングに与える影響はデカいなと」と明かした。「これから家族とゆっくりしながら普通の生活がしたい。平和な日常が戻ってくる嬉しさを噛みしめたい」と笑った。

引用:ザアンサー

出典:ライブドアnews

さらに『家族の人生を背負って試合に出たい』という思いを込めて、このときのトランクスのベルトラインに「明波」と文字を入れたそうです。

息子の名前を入れるとは、魂の決意にも感じます。

そして息子だけでなく、娘も加わりますますにぎやかになる井上家。

しかも「子供は三人は欲しい」と明言しているそうなのでますます楽しみです。

【画像】井上尚弥の嫁がかわいい!正体は咲弥で馴れ初めがステキ!

【第二子誕生】井上尚弥の子供の名前はあきは!よだれかけが話題!まとめ

井上尚弥さんの子供についてまとめました。

長男のお名前はあきは君。

あきは君がつけていた「浜ちゃんよだれかけ」が話題に。

さらに2019年に誕生した長女のお名前は残念ながらわかりませんでした。

最後までお読みいただきありがとうございました。