夏の温泉で涼しい所!8月、平均気温22℃の奥入瀬が最高!

夏でも温泉に入りたーい!

でも暑いのはいやー!

そんなワガママが叶う最強避暑地、「奥入瀬」をご存知でしょうか。

避暑地と言ったら、軽井沢などが有名ですよね。

しかし案外最高気温が30℃以上で高いのが玉にキズ。

せっかく避暑しに行って、涼しく温泉を楽しみたいと思ったのに日中が暑いんじゃやぶへびです。

なので、日中も涼しくてさらに温泉も入れるところを探してみた所、奥入瀬がヒット!

気温や気候を詳しく調べてみたら、昨年の8月の最高気温が17℃だった日もあり、平均して20℃台の涼しい夏を過ごせます。

今年も例外ではないはず。

そして、奥入瀬ではもちろん温泉も魅力の一つ。

この記事では、前半で奥入瀬の温泉の効能や夏に行く際の服装。

後半では、観光スポットと憧れリゾートホテルをご紹介していきます。

日頃の忙しさを忘れて、身も心も涼やかに、癒やされたいならかなりオススメのスポットです。

奥入瀬が避暑地&夏の温泉でナンバーワンの理由

実は、一番涼しい場所は奥入瀬ではなく、栃木県の奥日光。

なぜ気温が一番低い奥日光をナンバーワンに選ばなかったかと言うと、8月は雨がとても多いんですよね。

せっかく避暑と温泉を楽しみに行くのですから、できるだけ晴れの日が良いじゃないですか。

そのため降水量が少ない奥入瀬を勝手にナンバーワンに選びました。

他にも癒やされる観光スポットなども合わせると、避暑地の堂々の一位に君臨すること間違いなし。

MEMO
・8月の平均最高気温が22℃

・8月の降水量が少ないので晴れる可能性大

・マイナスイオンスポットが多数あり、心身ともに癒やされる。

奥入瀬の温泉の特徴や効能

奥入瀬で入れる温泉は、単純温泉。

単純温泉とは、名前から成分があまり無さそうなイメージを持たれがちですが、そうではなく効能成分が薄めの温泉。

だからといって効能が薄いということはありません。

泉質は、さらりとしていて柔らかい湯ざわり。

疲れをやさーしくとってくれます。

また、刺激が小さく「やさしい温泉」であることから、子どもからお年寄りまで楽しめるので家族旅行には最適です。

単純温泉の効能
神経痛、筋肉痛、関節痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばり、うちみ、くじき、慢性消化器病、痔疾、冷え性、病後回復期、健康増進

夏の奥入瀬の服装!長袖は必須!

過ごしやすいので一般的な夏の服装+羽織るものが基本スタイル。

朝晩は冷え込むので、散歩などに行かれるときはカーディガンやパーカーを羽織っていきましょう。

日中は、半袖やノースリーブのみでも。

自然を満喫するスポットなので、足元は動きやすいスニーカーが良いかと思います。

夏の奥入瀬!観光スポット

歩いてリフレッシュ!奥入瀬渓流

涼し気なせせらぎ音にコバルトブルーのキレイな水。

そして、美しい緑が目の前に広がる光景は最高の癒やしスポットの奥入瀬渓流です。

奥入瀬渓流は自然のよい風景を見られる場所である景勝地でもあります。

焼山から十和田湖畔の子ノ口へ向かうルートがおすすめのコースで、苔むした木のテーブルとイスもありインスタ映えも。

一番の見所である「阿修羅の流れ」は荒々しく飲み込まれてしまいそう。

かなり歩きますが、銚子大滝などのパワースポットもあり見どころ満載の散策道なのです。

十和田湖

眺めて楽しいだけではなく、実際に遊覧船にも乗れます。

気持ちの良い風を頬に感じながらかなりの爽快感を味わえるのが魅力。

約50分位乗っているので、のんびりと遊覧したいときはこの舟に乗るのがおすすめ。

夏休みの時期なのにそれほど混んでいないのも嬉しいですね。

素晴らしい景色をゆったり楽しむにはもってこいのスポットです。

十和田神社

そんなには知られていないようで、穴場だけど有名なパワースポットでもあります。

神秘的な雰囲気を感じることができ、鳥のさえずりが響くのみの静けさ。

参道を歩いているときから、清々しい気分になれて心の洗濯が出来ます。

本堂までの道のりには大きな杉がたくさんあり、雰囲気抜群。

子宝に恵まれる木も有名です。

奥入瀬オススメホテルはやっぱり星野リゾート

涼しい夏の温泉を楽しむには、口コミ評価の高い星野リゾートホテルがおすすめ。

スタッフ、温泉、お部屋、お風呂、食事、全てに満足の行く評価が多いです。

お部屋でお風呂に入り、外を眺められる至福と言ったらありません。

季節によって様々なアクティビティの用意もあるので、予定をきっちり立てていかなくてもホテルで考える事も可能なのが嬉しいですね。

個人的には外の景色を見ながらマッサージチェアが最高に気持ちよさそうです。

まとめ

夏でも温泉に行きたいけど、涼しい所が良い!というわがままを叶えてくれる奥入瀬。

激務を日々こなすパパも、子育てに追われるママも、もちろん子どもも楽しめること間違いなしです。

もちろん、友人やカップルと行ってもいいですよね。

青森なので、奥入瀬に立ち寄った後は、ねぶた祭りに参加しても良いですね~。

車で1・2時間で行けます。

でも、ねぶた祭りでまた熱くなりそうですね(笑)

この夏、避暑がてらにいかがでしょう。